包茎のコンプレックス

男性はプライドが高いいきものです。男としてのプライドを守りたいと考えています。
男のプライドに大きく影響するのが男性器です。男性器にコンプレックスを抱えている男性は多くいます。
サイズや形、色など様々な要素がありますが、その中でも包茎は大きなコンプレックスとなります。
男性器の周りには包皮があります。人によっては皮が長く男性器の亀頭部分を覆ってしまうということがあります。
亀頭部分が皮で包まれている男性器は、成長しきっていない幼い男性器という印象を持たれ、馬鹿にされる傾向があります。
自分の男性器が包茎ということは、男のプライドと自信を失う大きな要因となり、恋愛に積極的に慣れないといったデメリットが生じます。

亀頭部分が皮で覆われていることによって、様々なデメリットが生じます。その一つが、不衛生という点です。
男性器を洗う際に、皮と亀頭の間に溜まった汚れやカスが洗いにくいという状態になります。皮と亀頭の間に溜まった垢のことを恥垢と言います。
恥垢は雑菌の温床となり、大変不衛生です。そのため、性交渉を行なったパートナーが性病にかかってしまうこともあります。また、尿道から細菌が入って炎症をおこすこともあります。
嫌なにおいを放つため、パートナーとのオーラルセックスの際には不快な思いをさせてしまいます。
様々なデメリットがある包茎は、様々なクリニックで治療を行うことが出来ます。余った包皮を切除するという簡単な手術で治療が出来ます。
包茎を解消して男のプライドを取り戻しましょう。

医者のアドバイスを聞いている男性

仮性包茎とは

包茎にも様々な種類があります。普段は亀頭が皮に包まれていますが、勃起状態になると亀頭がむき出しになるのが仮性包茎です。通常時も手で皮をむくことが出来るので、どうしても気になるという場合のみ手術を受けましょう。

この記事の続きを読む

真性包茎とは

勃起しても皮が剥けずに亀頭を覆っている状態を真性包茎と言います。手で剥こうとした際には痛みを感じます。皮膚と亀頭が癒着している事もあり、恥垢が溜まって不衛生ですので手術を受けましょう。

この記事の続きを読む

カントン包茎とは

早急に手術の必要性があるのがカントン包茎です。包皮で亀頭が締め付けられている状態です。血が止まるとペニスの先端が壊死してしまい切断手術を行なう事になります。まず自分がどの包茎なのかを病院で診察しましょう。

この記事の続きを読む